米軍基地 就職までの記録!〜米軍基地で働きたい人のための応援サイト〜

これはある男30歳が、何をとち狂ったのか転職を決意し、米軍基地への就職に足を踏み入れた、実録ドキュメンタリーなのである!

採用に直結する超大事な"4つの力"

 

f:id:serendipity88:20210731212211p:plain

こんばんは!むみはんです。

 

足の指の爪を切った時に、なぜか匂ってしまうのは、人間の鼻が正常に機能してるかを試すための本能だということを聞いて、本能には逆らえないんだなと悟ったむみはんです。

 

今日からしばらくは、”採用に直結する情報をお届けする”をテーマに記事を書いていきたいなと思っています。

 

米軍基地で働きたいけど、なかなか声が掛からないと嘆いている方、私が考える米軍基地で働く上で、とても大事な4つの力を紹介します。

 

米軍基地で自分の理想の仕事をしている方はこの4つの力が高い方だと私は確信しています。

 

また、英文で書類を応募する職場を前提にして今回は記入致しました。

もちろん、日本語で応募できる職場でも同じことが言えますので、参考にして下さい。

 

では、前置きが長くなりましたが、米軍基地で働くために、身に付けるべき力4つを紹介したいと思います。

 

むみはんパワーと呼んでもいいです。

いや、怪しいですね。では、紹介します。

 

1つめの力『英語力』。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/serendipity88/20210731/20210731212933.png

米軍基地で働く上で重要な力その1は、言わずもがな、『英語力』です。

 

米軍基地で働く上で、多かれ少なれ必ず英語に触れる機会があります。

よって、採用側も英語ができない候補者と英語ができる候補者を選ぶ場合は、英語ができる方を採用する方が多いです。

場合によっては、英語ができることが採用の決め手となることも少なくありません。

 

ただ、ハイスペック超絶英語ペラペラ超人になる必要はありません。

 

じゃあ、英語がどのくらいできればいいんだよ?

分かりやすい目標があるゾイ

 

私が推奨する1つの目安はLPL2です。LPL2をクリアしたらLPL3を目指しましょう!

LPL2を取得することがスタートポイントです。

 

LPL3をクリアしていれば、ほとんど全ての募集には応募でき、そして英語力が足枷に感じられることも少なくなるでしょう。

LPLとは米軍基地で定められている英語力の基準です。以下を参考にしてみて下さい。

 

【参考】

英語語学力LPL1級

TOEIC 400~・英検準2級・TOEFL(iBT)40~・CASEC 475~

 

英語語学力LPL2級

TOEIC 550~・英検2級~・TOEFL(iBT) 50~・CASEC 560~

 

英語語学力LPL3級

TOEIC 730~・英検準1級~・TOEFL(iBT) 80~、CASEC 870~

 

英語語学力LPL4級

TOEIC860~・英検1級・TOEFL(iBT)100~、CASECは無効

 

 

 LPL2をクリアしていない方は、まずはLPL2をクリアし、その後にLPL3を目指しましょう。

ちなみに、私のオススメはTOEICです。基地の外でも、認知力が高いし、コスパもいいので持ってて損のない資格だからです。

また、LPL2を目標にTOEICを受験したら、LPL3のスコアが取れちゃった!なんてことも起こりえます。

 

英語力に関する記事は以下をチェック!

米軍基地の採用試験を突破するのに必要な英語力"3"選

受けるべき英語試験ってどれ!? TOEFL vs 英検 vs TOEIC vs CASEC

 

英語を話すなら、ネイティブキャンプを無料で体験するのがオススメですよ🐰

 

 

2めの力、『アピール力』。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/serendipity88/20210731/20210731213136.png

「人は話し方が9割」

「人は伝え方が9割」

などといった書籍が大ヒットするように、

 

米軍基地での採用試験では、「を経験してきたか」よりも、「どのように人に伝えるか」が大事です。

 

とても優秀な経験をされた方でも、その経験をうまく伝えられなければ、採用試験では有利に働かないこともあります。

 

逆に伝え方1つで、小さな経験でも、大きなインパクトを残すことも可能です。

 

例えば、面接でこんな質問を聞かれたとしましょう

「あなたはリーダーシップをとった経験はありますか?」

 

当然、私むみはんはリーダーには成りたくないと思いながら、生活してきた人間です。

リーダーの役割から逃げまくる代表選手、ムミハンです。

だからと言って

「リーダーシップをとった経験・・・得にありませんね・・・」

 

とは答えません。たとえ、リーダーシップをとった経験がなかったとしても、

 

『私は、リーダーシップを取るタイプではないのですが、フォロワーシップを大事にチームに貢献し、他者やリーダーをサポートしました。』

 

と答えます。

フォロワーシップとは、自律的かつ主体的にリーダーや他のメンバーに働きかけ支援できる力です。

 

「リーダーシップがないからダメなんだ・・・。」ではなく

「リーダーシップがなくても、私にはその代わりの長所があるんだ。」

というように、どんなことでも、言い方次第で自分のアピールポイントとして変換できるんですね。

 

また、アメリカ人はアピールしてなんぼの人生を送っています。

舐められたり、見くびられてはいけないので、過剰なほど自信満々にふるまっています。

 

よって採用側も、優秀に見える人間を求めています。

 

大事なのは、”優秀な”人間を求めているのではなくて、”優秀に見える”人間が最後に笑います。

 

大事なのは配られたカードではなく、そのカードでどう戦うかなのです。

 

・・・決まった✨笑

 

アピール力に関する記事はこちら!

書類選考通過者が使っているテクニック 

 

 

面接に関するアピール力は、実際に面接を受けて練習するしかありません。

ネイティブキャンプの無料体験期間で、さくっと練習しちゃうのも手ですよ!

 

 

3つめの力、『継続力』。

 

f:id:serendipity88:20210731213300p:plain

米軍基地で仕事を手に入れるまでには、本当に時間がかかります。

私がよく、グループチャットでも話をするのですが、

 

”米軍基地の連絡は、忘れた頃にやってくる。”

 

これがキーワードです。笑

 

自分の働いている職場で言うのも本当に気が引けるのですが、

なんて情けないスローガンなんだ・・・(´;ω;`)ウゥゥ

 

書類を出したのに、返事が来ない。

面接行ったのに、返事が来ない。

 

正直心が折れかけると思います。

私も正直、最初に外部から応募した時は数10通応募していましたが、最初の数か月は何も連絡がありませんでした。

 

ただ、忘れた頃にぽつぽつと連絡が来ました。

諦めずに、就職(転職)活動をするのが成功の秘訣です。

 

 

4つめの力、『分析力』。 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/serendipity88/20210731/20210731213333.png

募集要項を見て、どのような人物を求めているのかを分析しましょう。

また、どのような資格を求めているのかを分析しましょう。

自分が働きたい基地以外からも情報を集めて下さい。

 

例えば、事務職のお仕事をお探しなら、別の基地のありとあらゆる事務職の募集要項を読み込み、どんな資格が必要なのか、どんな仕事内容なのかを把握しましょう。

 

興味のある仕事が見つかった場合は、その仕事にどんな経験や資格が必要とされているか必ずメモしましょう。

 

その経験や、資格を手に入れて応募すれば、いつか必ず実を結びます。

 

 

最後に

  1. 『英語力』
  2. 『アピール力』
  3. 『継続力』
  4. 『分析力』

 

しばらくはこの4つの力を柱に、コンテンツを充実できたらと思っています、

 

米軍基地で働くには、まずは基地の中で働くのが先決です。

選り好みは入った後です。

 

入ってからは、まわりに流されず、

自分の暮らしやすい安住の地を探す旅にゆったりと出かけましょう 笑

 

基地に入ってしまえば、向いている仕事が見つかるまで、何回でもトランスファーしていいのです。

 

私はみなさんが、ホワイトな職場環境で働けてよかったと思えるように、サポートしたいと思っています。

 

最初からホワイトな職場(安住の地と呼んでいます。)を見つけるラッキーな方もいますが、

ほとんどの方は、各々色々な職場を経験して自分の最終的に腰を据える職場の椅子を探しています。

 

トランスファー(異世界転生)(異動)が自由だと、色々なことが経験できるのは、米軍基地ならではの良い文化だなって思っています。

 

日本のお仕事では、自分の異動は基本会社の人事に握られていますからね(*_*)

自分で仕事も環境も自由に選べるこの環境は、感謝でしかありません。

 

また、余談ですが米軍基地で働く日本人に、以前の仕事を聞くとみなさん経歴が豊かで色々な経験をされているので、話を聞くととても面白いですよ🥳

 

スターバックスのご当地フラペチーノをそろそろ飲みたいむみはんでした。

 

それでは、またーー!